洗濯物を効率よく干す方法

洗濯物を集める作業

ハンガーや専用洗剤

洗濯物に合うハンガーを用意して使い分けるのも型崩れを防ぎ、早く乾かせます。
Tシャツなどの伸縮性のある素材は、ハンガーの形がそのまま生地から突出することもあるのでピッタリの物を探すか別の干し方が必要かもしれません。
型崩れのないように干すアイデアも必要です。
シャツやブラウスなどの場合も、細いタイプのハンガーよりも、太目のハンガーがおすすめです。
基本的に空気の通りを良くする工夫が、早く乾く秘訣です。
伸縮性があり型崩れし易いニットなどは、洗濯表示にも平干しを指定されているので注意が必要です。
まず洗剤から間違えないことが必要です。
中性洗剤などのニット専用洗剤が安心ですが、ウール100パーセントのニットなどの場合は縮まないように説明書をよく読んで静かに手洗いすることが大切です。

洗濯物の合理的な干し方

ピンチハンガーを使う時には、洗濯物を干す位置が大切です。
両側の外に長い衣類を干し、中程には短い丈のものを干すなど、物理的に考えてましょう。
タオルの干し方は衛生的にも、早くすっきり乾くようにしたいものです。
タオルもハンガーにかけただけでは乾かないこともあります。
丈が長い洗濯物は空気の通りを良くすることを念頭に、ずらして干したりして形態を最適にすることで効果があります。
タオルは顔を拭いたりして、直接肌に感じる風合いなども気になるところです。
洗剤や柔軟剤は効能などをよく選んで、好きな香りのタイプにすると快適です。
現代の洗濯機が家電製品として進化を遂げたおかげで、洗濯ができなかった頃の昔の男性に比べれば、男性の一人暮らしも苦にならなくなったとか。


TOP