洗濯物の選択

洗濯の効率

家事の中で、洗濯は済ませるもの。
洗濯物を洗濯機に入れて、夜の間にタイマーをかけ、乾燥機もセットして起床して片付ける人も。
そのままハンガーにかけて収納先へ片付けると、干す手間もありません。
室内干しや天日干ししたい人は、便利グッズを利用したり、急な天候の変化にも対応できるようにさえしておけば洗濯物を取り込むだけです。
段取りは夜タイマーにかけ起床して化粧をしたらすぐに干してしまえば朝の洗濯の家事は終わりですが、朝の一瞬でもゴミ出しや洗濯物を干す時間もUVカットの効果の化粧品を顔につけてからにするのもシミ予防に必須だそうです。
オシャレ着やニットなどは手洗いで乾燥機にかけられないので、干し方も外に出しても、陰干しにします。

天日干し

洗濯物の天日干しには、10時から14時くらいが最適です。
紫外線によるダメージのある素材の洗濯物は、傷むのできちんと分けて干しましょう。
洗濯には衣類の洗濯表示を確認しておくことが必要です。
表示どおりに衣類を扱うことによって、お気に入りの洋服を大切に着ることができます。
洗濯物のしわを伸ばすことも忘れてはいけません。
ハンガーならかけてから両手で挟んでたたいたりしてしわ伸ばししたり、衣類を型崩れしないようきちんと整えて干すことがコツです。
洗濯物の洗ったままのしわには、タオルサイズ程度に折り込んで両手で挟み数回たたいたりしてしわ伸ばしします。
洋服の生地が重なった部分などは、裏返しにしてポケット部分などが空気に触れ易いようにして筒状になるように干す方が早く乾きます。


TOP