働いているからこそ

時短の収納

子どもの洋服は小さくて管理も大変なのでできるだけハンガーを利用して、洗濯後ハンガーにかけて干し、乾いたらハンガーのまま掛けて収納することで、小さな洋服クローゼットのような収納ができあがります。
子どもも自分で洋服を選ぶこともでき、合理的です。
季節ごとにも小さいのでそのまま衣装ケースにしまえば、衣替えも時短効果ができます。
脱衣所の近く1か所に家族別に引き出して区別できるボックスで、それぞれに下着や靴下セットにして並べて収納すると時短です。
衣類もコンパクト化を心掛けて、シーズンの枚数が極端に増えないよう新陳代謝させましょう。
洋服のクローゼットに収納できる量を把握しておくことも必要です。
一度も袖を通さない洋服が発生しないよう、お気に入りで揃えたいものです。

コンパクト化をモットー

大人の衣類も、洗濯してから片付けるまでを簡単にするには、ハンガー干しの方法は有効です。
タオルなどはたたみ方を一定にし、収納に合わせ同じ形の四角になるよう統一すると、引き出しを開けた時に綺麗です。
下着などのたたみ方も同様に引き出しの高さなどを参考に大きさを考えた四角の形や、ゴムのところで丸く収めることも。
バスタオルの使用も好みで、フェイスタオルの長めのものなどと併用で速乾性のヘアードライタオルを使い分ける人もいます。
洗濯物をコンパクト化すると、室内干しもサイズ的に楽になる効果もあります。
クローゼットの収納も、一定の規則的な並べ方が、収納を完璧に見せます。
一目瞭然に洋服のコーディネートができたり、すべて目を通して選ぶこともでき、買ったまま忘れてしまうこともありません。
旬なコーディネートを時短でできます。


TOP